山形の誇り/開幕戦以来の黒星喫す

2019年4月26日
 21日のホーム山口戦は0―1で敗れ、開幕戦以来の黒星を喫してしまいました。通算成績は5勝3分け2敗で順位は2位から4位に後退です。
山形の誇り/開幕戦以来の黒星喫す

 山口戦は「平成最後のホームゲーム」と銘打ち、平成生まれは入場無料でした。試合は前半、モンテがセットプレーから惜しい場面を何度か作りますが、得点には至らず。後半もGK櫛引政敏の連続セーブやMF坂元達裕のドリブル突破でスタンドを沸かせます。
 37分、ペナルティエリアでDF熊本雄太が伸ばした足に相手の足がひっかかり、痛恨のPKを献上、これを決められてしまい失点。最後のロスタイムではGK櫛引もゴールを狙って前線に参加しますが、反撃は及ばず試合終了。平成最後のホームゲームを勝利で飾れませんでした。

山形の誇り/開幕戦以来の黒星喫す

 山口がモンテを研究し、前線のプレスをうまくいなしていたこともありますが、モンテの良さだったハードワークが少なかった印象です。ちょっと疲れが出てきたのでしょうか?
 ただこれまでの試合を振り返れば、10試合を終えて4位はスタートダッシュには成功したと言えるでしょう。J1昇格を目指すチームに連敗は禁物、ここで仕切り直しといきましょう!

 次のホームゲームは5月5日で、先着1万名にモンテオリジナルキャップがプレゼントされます。オリジナルキャップをかぶり、スタジアムを青く染めてモンテを後押ししましょう。


山形の誇り/開幕戦以来の黒星喫す
藤倉 晶(ふじくら・あきら)

1975年南陽市生まれ。96年からモンテ応援団体「クラージュ」に参加、応援リーダーや会長を務める。現在はゴール裏応援団体連合「ULTORAS ACMY」代表。