女性の美と健康

セントラルクリニック院長
村山 一彦(むらやま・かずひこ)先生
女性の美と健康

1956年山形市生まれ。埼玉医科大学を卒業後、同大、篠田総合病院を経て2004年に産婦人科を中心とするセントラルクリニックを開院。社会福祉法人・慈風会の理事長として特別養護老人ホーム「なごみの里」、認可保育所「はらっぱ保育園」も手がける。

 賢明なるやまコミ読者の皆さまは、「ウイルス干渉」という言葉をご存知ですか?
2021年10月22日
 慢性疲労症候群とは、診察や検査では異常が認められないのに日常生活に支障が出るほどの疲労感が続く状態で、一般的な疲労とは異なるれっきとした「病気」です。
2021年9月24日
 ひところ、テレビに出演中の女性アナウンサーの服についたワキの汗じみが話題になり、「ワキ汗」論争が盛り上がりましたね。今回はワキ汗、多汗症のお話しです。
2021年8月27日
 コロナワクチン接種が広がっていますが、本音では「痛いから注射は嫌い」という方がほとんどのはず。今回は注射や採血の際に痛みを和らげる方法のお話です。
2021年7月23日
 間もなく夏本番。コロナ禍で迎える2度目の夏ということになりますが、昨年と同様、注意が必要なのはやはり「マスク熱中症」です。
2021年6月25日
 前回はワクチン接種時の「副反応」についてお話ししましたが、副反応に似た有害事象である「血管迷走神経反射」についてのお話です。
2021年5月28日
 県内でも新型コロナワクチンの接種が始まりました。ワクチン接種を巡ってはしばしば「副反応」の問題が取り沙汰されますが、「副作用」とどう違うのでしょう。
2021年4月23日
 コロナ禍でマスクの着用は生活の中ですっかり定着しましたが、様々なお肌のトラブルも生じさせているようで…。
2021年3月26日
 新型コロナウイルスのワクチンを巡る様々な情報が流れています。
2021年2月26日
 通常なら寒さを感じない温度なのに、手足が冷たくてつらく感じる症状が「冷え性」です。
2021年1月22日
 本稿を書いている19日時点で、国内で新型コロナに感染して亡くなった人は2879人。一方で、毎年約2800人が子宮頸がんで亡くなっているのをご存知ですか?
2020年12月25日
 これまでに2回、手の働きや手の疾患などについて解説してきましたが、その反響の大きいこと。改めて手に関してお悩みの方が多いことに驚いている次第です。
2020年11月27日
 年齢を重ねるにつれ、手指の腫れや痛みに悩まされる女性は多いもの。「年のせい」「手の使いすぎ」「治らない」といった思い込みで放置してはいませんか?
2020年10月23日
 手は私たちの生活に欠かすことのできない身体の一部です。今回から3回にわたり、大切な手についてのお話にお付き合い下さい。
2020年9月25日
 今回は性交渉後に避妊ができる唯一の方法である緊急避妊のお話です。
2020年8月28日
 やまコミ読者の皆様は「暑熱馴化(しょねつじゅんか)」という言葉をご存知ですか?
2020年7月24日
 コロナ対策として、厚生労働省が呼びかけている「新しい生活様式」の1丁目1番地はマスクの着用です。ただこれからの季節、熱中症にも注意が必要です。
2020年6月26日
 新型コロナウイルスの感染拡大が世界を席けんしてこのかた、人々の精神に与える影響、特に「不安神経症」の増加が指摘されています。
2020年6月12日
 新型コロナウイルスが猛威を振るっています。カミュが小説「ペスト」で描いたように、不条理な極限状態の中にあっても人々の友愛や連帯を大切にしたいものです。ただ現実には一部の人々の心はささくれ立ち、医療従事者が中傷や風評など理不尽な被害を受けています。
2020年4月24日
 「1匹の妖怪が世界中を徘徊(はいかい)している。新型コロナウイルスという妖怪が」――マルクスとエンゲルスによる「共産党宣言」の冒頭になぞらえると、今の世相はかくや。
2020年3月27日
 国立がん研究センターは1月30日、納豆や味噌など発酵性大豆食品をよく食べる人は、そうでない人に比べ死亡率が低下するという調査結果をまとめました。
2020年2月28日
 女性なら誰でも時期がくれば訪れる更年期。何となく体調がすぐれないと来院される方に、サプリメント「エクオール」をお勧めすることがあります。
2020年1月24日
 性行為感染症のお話の最後、いわばラスボスはやはり「エイズ」です。
2019年12月27日
 子宮頸がんは毎年約1万人の女性がかかり、約3000人が亡くなっています。その原因は性交渉でヒトパピローマウイルス(HPV)に感染することにあります。
2019年11月22日
 トリコモナス膣炎は膣トリコモナスという原虫が原因で生じる性感染症です。
2019年10月25日
 女性器に関するご相談で最も多いのが「かゆみ」。そのかゆみの原因として最も多いのが「カンジダ」です。
2019年9月27日
 淑女の皆様に恐縮ですが、外陰部を鏡でご覧になって、イボのような物ができていませんか?
2019年8月23日
 性器ヘルペス感染症は単純ヘルペスウイルスに感染することによって生じる性感染症です。
2019年7月26日
 皆さんは喉(のど)の痛みを感じた時、何科を受診されますか――。
2019年6月28日
 「性器クラミジア感染症」は現在、最も多い性感染症で、年間3万人が罹患(りかん)すると言われています。
2019年5月24日