山形コミュニティ新聞WEB版

あなたの目 健康ですか?

大人の目の病気

Share!

 以前に「こどもの目の病気」に関して解説しましたが、今回は「大人の目の病気」についてお話ししましょう。

眼精疲労とドライアイ

 20~40歳といえば、日常生活でも学業や仕事の面でもスマホやパソコンなどを使用する機会が多いことでしょう。そこで心配なのが眼精疲労やドライアイです。
 眼精疲労になると目の痛みや疲れのほか、頭痛や肩こりなど全身症状も呈するようになってきます。眼精疲労の原因は目の酷使のほか様々な可能性が考えられ、正確に原因を究明したうえでの治療が求められます。

コンタクトは定期検査を

 ドライアイは特にコンタクトを装用している人がかかりやすいとされています。さらにコンタクトの場合、「過矯正(かきょうせい)」といって遠くに強く度を合わせているとなおさら疲れがひどくなります。
 過矯正は自律神経に負担をかけ、体調不良の原因になることもあるのでコンタクトの定期検査は大切です。

白内障と危険な緑内障

 40歳を超えると、白内障や危険な緑内障などの病気に注意が必要です。では、どのように注意したらいいかというと、受診することに尽きます。
 通常の健康診断では必ずしも眼底検査は必須ではないので、オプションで眼底検査を追加することをお勧めします。
 特に近視の人は近視でない人よりも緑内障の頻度が上がるので、眼底検査を受けることを心がけましょう。

定期的に眼底検査を

 これまでに何度も述べてきましたが、目の健康寿命を保つことはQOL(生活の質)を維持するためにも大切なことです。ACジャパンの広告でバカボンのパパが言っていたように、40歳を超えたら定期的に眼底検査を受けましょう。

金井たかはし眼科 院長

高橋 義徳(たかはし よしのり)

1990年(平成2年)山形大学医学部卒業後、同大学眼科講師、ウプサラ大学留学を経て2007年10月に金井たかはし眼科を開院。日本眼科学会専門医。山形県眼科医会理事。

記事閲覧ランキング

  • 24時間
  • 週間