山形コミュニティ新聞WEB版

地域ニュース

永代合同納骨堂が脚光/山形市の淨善寺

Share!

 核家族化や少子化などを反映し、お墓を持たなくても半永久的に供養を受けられる「永代供養墓」が全国で広がっている。

永代合同納骨堂が脚光/山形市の淨善寺

 県内でも日本最大級の法輪彌勒菩薩像(ほうりんみろくぼさつぞう)を持つ淨善寺(山形市緑町3)の永代合同納骨堂「彌勒庵(みろくあん)」などに脚光が集まっている。
 彌勒庵には菩薩像が安置されており、その地下にはお骨を収容可能な合同納骨堂がある。誰でも利用できるうえ、仏事の会場使用はすべて無料。マンションの住人や転勤者からの問い合わせも多いという。

永代合同納骨堂が脚光/山形市の淨善寺

 住職の松澤了弘さんは「お寺は人生のサロン。お墓のことで困ったことがあったら何でも相談して欲しい」と話している。問い合わせは、023−622−4311まで。

記事閲覧ランキング

  • 24時間
  • 週間