山形コミュニティ新聞WEB版

地域ニュース

弘栄不動産(天童市) 紅葉苑跡を宅地開発

Share!

 天童市鎌田にあった温泉旅館「紅葉苑」跡地で、弘栄不動産(天童市)が宅地開発を計画していることが分かった。

弘栄不動産(天童市) 紅葉苑跡を宅地開発

 同跡地の敷地面積は1万6000平方メートルで、59区画に分けて分譲する予定。同市での民間宅地開発としては、2018年に須藤不動産(同)が一日町の多田木工製作所(同)跡地で行った面積2万4000平方メートル、86区画以来の規模になる。
 天童温泉街の一角にあった紅葉苑は全国共済農業協同組合連合会(全共連、東京)が所有・運営していたが、2000年代に閉館、現在は更地になっている。東側は交通量の多い国道13号に面しており、跡地には複数の商業施設の出店計画が持ち上がっていた。

弘栄不動産(天童市) 紅葉苑跡を宅地開発

記事閲覧ランキング

  • 24時間
  • 週間