山形コミュニティ新聞WEB版

あなたの目 健康ですか?

こどもの目の日

Share!

 10月10日が「目の愛護デー」なのは比較的知られていますが、今年から6月10日が「こどもの目の日」として記念日制定されました。なぜ6月10日なのでしょう。

6歳で1.0の視力を

 生まれたばかりの赤ちゃんは、お母さんの顔がぼんやり見えるくらいの視力です。その後、見るという刺激とともに目も成長して6歳くらいまでに視力は1.0になります。
 6歳、視力1.0は目にとって大切な節目ということで、6月10日が「こどもの目の日」として制定されたわけです。

社会の責務です

 制定を働きかけていたのは日本眼科医会です。人生100年時代、将来のある子どもたちの視機能の発達を正しく導くことは社会の責務です。
 昨今は生活や教育現場でデジタル機器に触れる機会が増え、近視を発症する子どもが増えているだけに、「はぐくもう!6歳で視力1.0」という願いを込めています。

屈折検査も全国導入

 6歳になっても視力が1.0満たない弱視の場合、その後の視力向上が難しくなります。
 そのため6歳までの3歳児健診や幼稚園での視力検査、就学時健診で視力がきちんと育っているか、視力発達を妨げる遠視などの屈折異常が隠れていないかを調べていくことが大切です。
 昨年度からは3歳児健診での「屈折検査」も全国で導入され、子どもの視力を守るための環境整備も進んでいます。

お忘れなく

 「6歳」「視力1.0」はお子さんにとって目の健康維持の大きな節目といえます。ちょっと早いですが、お父さんお母さん、おじいちゃん、おばあちゃんは6月10日の「こどもの目の日」をどうぞ覚えておいてください。

金井たかはし眼科 院長

高橋 義徳(たかはし よしのり)

1990年(平成2年)山形大学医学部卒業後、同大学眼科講師、ウプサラ大学留学を経て2007年10月に金井たかはし眼科を開院。日本眼科学会専門医。山形県眼科医会理事。

記事閲覧ランキング

  • 24時間
  • 週間