山形コミュニティ新聞WEB版

地域ニュース

《おしえて!ハローeステーション》 新スタイルの学習塾!どこが違うの?

Share!

 やまがたコミュニティ新聞のカッシーです。JR山形駅ビル「エスパル」3階にネットを使った新スタイルの学習塾「ハローeステーション」が開校したと聞き、松本哲彦・山形校室長にお話をうかがいました。

《おしえて!ハローeステーション》 新スタイルの学習塾!どこが違うの?

どのへんが特徴なんですか。



地方のハンデを克服

 「一般に地方都市は首都圏に比べ指導にあたる講師の絶対数やレベルが十分でないケースが多く、大学受験には不利とされています。そんなハンデを抱える地方都市と東京にある指導センターとをネットでつなぎ、テレビ電話を使って個別指導するのがeステの特徴です」
 「ですから山形にいながら東大、早大、慶大といった難関大学の現役学生からリアルタイムで指導を受けることが可能になります。eステは大学受験のための個別指導塾で、東日本を中心に全国17校を展開しており、東北では昨年6月に開校した山形校が第1号になります」

私は山形西高出身なんですけど、毎日の予習・復習に加えて宿題が大変だった思い出があります。

《おしえて!ハローeステーション》 新スタイルの学習塾!どこが違うの?

学校教材を使用

 「山形市内の進学校は全国的に見ても宿題の量が非常に多く、しかも勉強と部活動とを両立させている高校生が多いことに驚きました。でもeステは新たな教材は不要。学校の教材を使って『100%理解すること』を目標にしています」
 「教室は午後11時まで開いていますから部活が終わった後でも十分勉強できます。駅に直結しているため親御さんも安心。生徒の多くは『eステは勉強するところ、家は体を休めるところ』という生活リズムを築いているようです」

教室内もきれいですね。

学習空間も快適に

 「勉強の能率を上げるには快適な環境を整えることが重要です。eステには個別指導ルーム以外にブース型の自習室があり、自分のペースで集中して学習できます」
 「勉強の合間にリフレッシュしたり、食事をとったりできる休憩スペースも完備しています。最近は生徒からの要望で電子レンジも備えました(笑)」

確かにニューウエーブの学習塾ですね。親御さんや高校生の選択の幅が広がりそうです。

記事閲覧ランキング

  • 24時間
  • 週間