山形コミュニティ新聞WEB版

地域ニュース

佐渡ヶ嶽部屋後援会長 おーばんが「お詫び」/大相撲野球賭博問題で

Share!

 野球賭博に深く関与していたとして日本相撲協会が4日に佐渡ヶ嶽部屋の元大関琴光喜を解雇、佐渡ヶ嶽親方を謹慎処分としたことを受け、同部屋の後援会長を務めるスーパーのおーばん(尾花沢市)は同日、県内9つの全店の入り口に「お詫び」を張り出した。

佐渡ヶ嶽部屋後援会長 おーばんが「お詫び」/大相撲野球賭博問題で

 お詫びは「お客様皆様へご心配をお掛けいたしました事、深くお詫びいたします」から始まり、「佐渡ヶ嶽親方に対し、これからの部屋の力士指導の件、厳しく叱咤激励した次第です」と記している。
 同時に「元琴ノ若、佐渡ヶ嶽親方は42歳の若さです。もう一度、チャンスを与えて下さい。支えて下さい」と変わらぬ支援を訴えている。
 尾花沢が発祥のおーばんは同じ尾花沢出身の元琴ノ若を入門時から応援、佐渡ヶ嶽部屋を継承後は同部屋の後援会長を続けている。おーばんでは同部屋所属の琴欧州、琴光喜、琴奨菊らが勝った時に行うタイムサービスが消費者の人気を呼んでいる。

記事閲覧ランキング

  • 24時間
  • 週間