山形コミュニティ新聞WEB版

地域ニュース

ケーズデンキ 東根に大型店

Share!

 家電量販店4位のケーズホールディングス(茨城県水戸市)は東根市に店舗面積4300平方メートルの大型店を開設する方針を決め、7日までに地権者との間で賃貸借契約を結んだ。オープン時期は11月前後で、同市にある既存の2店を直前に閉めるスクラップ・アンド・ビルド方式での出店になる。

ケーズデンキ 東根に大型店

 東根市小林1では業界首位のヤマダ電機(群馬県高崎市)が1月31日に面積2600平方メートルの「テックランドNew東根店」をオープンする予定で、面積やサービスでヤマダの新店を上回る地域1番店を目指す。 
 出店場所は昨年6月まで日本通運東根営業所が立地していた中央南2で、現在は更地。ケーズが借り受ける面積は約8100平方メートルで、ここに鉄骨造りで1階を駐車場、2階を売り場とするピロティ形式の店舗を建設する。

ケーズデンキ 東根に大型店

 同社は今期、3300~5000平方メートル規模の新店舗を40~50カ所にオープンさせる計画で、東根市での新規出店もこの一環。東根市にはさくらんぼ駅前2に1600平方メートルの「東根店」、中央南2に2000平方メートルの「東根パワフル館」があるが、新店のオープン前に閉鎖し、後継テナントを誘致する。


中・大型店に回帰 ヤマダ電機

 ヤマダ電機は「テックランドNew東根店」のオープンに先立ち、東根市中央3にある1250平方メートルの「テックランド東根店」を1月13日に閉鎖する。
 同社は昨年、過去2年進めていた1000平方メートル以下の小型店の積極出店を見合わせ、中・大型店に軸足を戻す方針を打ち出している。山形県内でも東根を含め2年間で6店の小型店をオープンさせたが、このうち余目店と尾花沢店は昨年中に閉鎖している。
 中・大型店の新規出店は東根市に続き、8月に天童市芳賀地区に2700平方メートルの店舗を開設する計画だ。

記事閲覧ランキング

  • 24時間
  • 週間