山形コミュニティ新聞WEB版

地域ニュース

ヨークベニマル 高畠町で出店計画/ダイユーエイトも 来秋開業目指す

Share!

 東北最大の食品スーパー、ヨークベニマル(福島県郡山市)が高畠町への出店を計画していることが明らかになった。同社の出店に対抗するため県内スーパー最大手のヤマザワ(山形市)は既存の高畠店の移転新築を計画しており、ヤマザワの独壇場だった「流通無風地帯」の高畠で2強の顧客争奪戦が激化しそうだ。

ヨークベニマル 高畠町で出店計画/ダイユーエイトも 来秋開業目指す

 ベニマルが出店を計画しているのは町文化ホールまほら西側に広がる農地で、開発面積は2万1500平方メートル。すでに農地法に基づく農地転用と、都市計画法上の開発行為を申請済みで、許可が下りるのを待って土地の造成、店舗の建設に着手する予定。
 建設するのはベニマルの店舗(建築面積2900平方メートル)のほか、ホームセンターのダイユーエイト(3000平方メートル)、飲食店やコインランドリーが入居するテナント棟(300平方メートル)など。いずれも2017年10月のオープンを目指している。

ヨークベニマル 高畠町で出店計画/ダイユーエイトも 来秋開業目指す

 ダイユーエイトは至近距離で営業している既存の高畠店を閉鎖して新規出店するとみられる。

記事閲覧ランキング

  • 24時間
  • 週間