山形コミュニティ新聞WEB版

地域ニュース

130トン級解体専用機/井上工業(山形市)が導入

Share!

 解体業の井上工業(山形市)は、コベルコ建機(東京)の130トン級超大型建物解体専用機「SKL1300DLC」(写真)を導入した。4月から発売が始まった同機の標準価格は税抜き3億4000万円で、導入したのは国内では2社目、東北では井上工業が初めて。

130トン級解体専用機/井上工業(山形市)が導入

 同機は従来とは異なる新しい4つ折れ構造を採用するなど、対象物の高さと強度に応じて最適な工法を実現できるのが特徴。高層化や基礎の大型化、コンクリートや鉄骨の高度強化が進む高層建造物の解体を地上から効率的に行えるという。

記事閲覧ランキング

  • 24時間
  • 週間