山形コミュニティ新聞WEB版

あなたの目 健康ですか?

眼外傷・眼異物にご注意を

Share!

 農作業、ガーデニング、スポーツと、屋外での活動が増えてくる季節になりました。この時期に気をつけたい目のトラブルが「眼外傷」「眼異物」です。

感染してしまうことも

 サクランボの収穫など見上げて作業する場合は異物が目に入りやすくなります。異物が目に入ると、ゴロゴロして目を開けているのも辛いのはもちろん、その後の感染にも注意が必要です。
 異物により傷ついた目の表面から細菌やカビが侵入し、感染してしまうことはよくあります。黒目が感染した状態が「角膜潰瘍(かくまくかいよう)」で、きちんと治療しないと角膜に濁りが残ってしまい、視力が元に戻らなくなる場合もあります。

草刈り作業で失明も

 草刈りも注意が必要な作業です。草刈りの刃が石など硬いものに当たり、欠けた刃が目に刺さってしまうこともあります。こうした「眼異物」が原因で失明してしまうケースも。
 これらの事態を避けるため、サクランボの収穫時や草刈り時には保護眼鏡を使うことを心がけましょう。

スポーツ時は打撲に注意

 スポーツをしている時は打撲による眼外傷が多くなります。ボールが当たったり、他の人の身体がぶつかったりすることで起こることが多いようです。
 スポーツ時は常に周囲の状況に注意するとともに、場合によっては保護眼鏡を使うことも必要です。また今は夏の花粉症に注意が必要な季節で、グラウンドなど草が多い場所でアレルギー症状がでる人は点眼薬を使うことも大切です。

我慢せず受診を

 眼外傷・眼異物はまずは予防が大切ですが、それでも目を打撲した、異物が入ってしまった時には我慢しないで眼科医に相談して下さい。

金井たかはし眼科 院長

高橋 義徳(たかはし よしのり)

1990年(平成2年)山形大学医学部卒業後、同大学眼科講師、ウプサラ大学留学を経て2007年10月に金井たかはし眼科を開院。日本眼科学会専門医。山形県眼科医会理事。

記事閲覧ランキング

  • 24時間
  • 週間