「そば処吉野家」に業態転換/吉野家西バイパス店

2010年12月10日
 牛丼チェーンの吉野家(東京都北区)は山形市西田2の「西バイパス店」を業態転換し、12月13日にそばと牛丼を提供する「そば処吉野家」としてリニューアルオープンする。同社は来年2月までに新規出店と既存店のリニューアルにより全国60カ所で「そば処吉野家」を展開する計画で、山形では初出店になる。
「そば処吉野家」に業態転換/吉野家西バイパス店
 「そば処吉野家」は小麦粉を使用しない十割そばを特徴とし、店内で打ち立て・茹で立てたてを提供する。2007年に東京都内に出店したのが最初で、吉野家では立地条件や客層などを判断しながら出店を増やしていく計画。山形店は全国54店目になる。
 西バイパス店のオープンは1997年で、県内5店舗の吉野家の1号店。同社によれば当初は好調だったが、至近距離の城西町4に競合する「すき屋城西店」がオープンした04年以降は売り上げは伸び悩んでいたという。