つや姫 県内販売スタート/霞城セントラルで記念イベント

2010年10月8日
 山形県で開発され、日本一のブランド米を目指す水稲新品種「つや姫」が3日から県内で発売されたのに合わせて同日、山形市の霞城セントラル1階で記念イベントが開かれた。
つや姫 県内販売スタート/霞城セントラルで記念イベント
 イベントには吉村美栄子知事、今田正夫県農協中央会長、山澤進ヤマザワ会長らが出席、吉村知事は集まった200人近い参加者に「県民1人1人にまずは食べてもらい、日本一おいしい米として県外の人に宣伝して欲しい」と呼びかけた。
10/8
 会場ではつや姫の即売会も行われ、用意された2キロ1000円の200袋は20分で売り切れた。