<荒井幸博のシネマつれづれ>流浪の月

2022年5月13日
醜悪な現実を揺蕩う男女

 2020年の本屋大賞を獲得し、同年の年間ベストセラー1位に輝いた凪良ゆうの同名小説を、「怒り」の李相日監督が広瀬すずと松坂桃李の主演で映画化したのが本作。

<荒井幸博のシネマつれづれ>流浪の月

 父の病死と母の失踪が重なった9歳の更紗は、伯母の家に引き取られ孤独な毎日を送っていた。ある大雨の夕方、公園のベンチでずぶ濡れになっていた更紗に19歳の大学生・文が傘をさしかけ、「うち来る!?」と声をかけてくれる。
 伯母の家に帰りたくない更紗は文の誘いに応じ、そのまま2カ月間文の部屋で一緒に過ごす。伯母の家での辛い生活から逃れた更紗は幸せを実感し、それは文にとっても同様だった。
 だが、やがて2人の〝共同生活〟は警察に発覚、逮捕された文は誘惑事件の加害者、更紗は被害女児の烙印を背負って生きていくことになる。

 それから15年後。24歳になった更紗は優しい恋人の亮と同棲していた。そんなある日、偶然立ち寄ったカフェで文と思いがけず再会する。文にも恋人らしき女性がいたが、急速に距離を縮める更紗と文。
 だが2人の関係は、かつての加害者と被害者という決めつけに基づく心ないSNSで拡散されていく――。

 〝幼少期に誘拐された可哀そうな女〟〝少女を誘拐監禁した変質者〟というレッテルを貼られ、世間からSNSで監視されながら、醜悪な現実を揺蕩(たゆた)う更紗と文。そんな2人を広瀬と松坂が見事に演じる。
 李監督は「2人の眼差しが重なり、互いを慈しむ優しさに溢れた時、観る人がどれほど心を奪われるのかが楽しみ」と自信たっぷり。
 共演は横浜流星、多部未華子が従来イメージを覆す演技。子役・白鳥玉季はじめ趣里、三浦貴大 、内田也哉子、柄本明らも好演。
 撮影監督は「パラサイト 半地下の家族」など数々の傑作を手がけてきたホン・ギョンピョで、様々な月など心象を表すかのような映像が叙情を添えている。


<荒井幸博のシネマつれづれ>流浪の月
荒井幸博(あらい・ゆきひろ)

1957年、山形市生まれ。シネマパーソナリティーとして多くのメディアで活躍、映画ファンのすそ野拡大に奮闘中。現在FM山形で「荒井幸博のシネマアライヴ」(金曜19時)を担当。