山形コミュニティ新聞WEB版

地域ニュース

酒田市美術館で人気 「故郷からのおくりもの」

Share!

 酒田市美術館で14日から開催されている高橋まゆみ創作人形展「故郷からのおくりもの・ふたたび」が人気を呼んでいる。お年寄りの豊かな表情や子どものあどけなさが古きよき日本を想わせるとして県内外から多数の来館者が訪れている。

酒田市美術館で人気 「故郷からのおくりもの」

 高橋さんは1956年長野市生まれ。地元で1990年代に農家のおじいちゃん、おばあちゃん、子どもをモチーフにした現在の作風にたどりつき、98年にユザワヤ創作大賞、99年に新世紀人形展に入賞、2001年には日本手芸美術展会長賞を受賞している。
 個展「故郷からのおくりもの」は全国でも人気で、これまでに60カ所の会場に約100万人が足を運んだ。

記事閲覧ランキング

  • 24時間
  • 週間