山形コミュニティ新聞WEB版

地域ニュース

エスパル山形店 春に向け大規模リニューアル

Share!

 JR山形駅構内の商業施設「エスパル山形店」が春に向け2〜3階を全面リニューアルする。女子高生が中心だった購買層を女子大生やOLに引き上げていくのが狙いで、既存の27テナントを新テナントに入れ替えるオープン以来の大規模リニューアルになる。

エスパル山形店 春に向け大規模リニューアル

 今後のスケジュールは2月6日まで売り尽くしセールを実施、翌7日から3月4日まで2〜3階のテナントはスターバックスコーヒーなど一部を除き営業を停止して改修工事に入る。リニューアルオープンは3月5日の予定。
 新たに入るテナントは婦人服の「INDEX」「VIS」「SM2」「アモスタイル」「レトロガール」、アクセサリーの「トゥデイリュクス」などで、大半が山形初進出になる。

エスパル山形店 春に向け大規模リニューアル

 エスパル山形店を運営する仙台ターミナルビルによれば「駅構内の集客力が増せば街の活性化につながる。その観点から3年前のマツモトキヨシ、昨年のスタバといった具合に新テナントには山形初にこだわっていきたい」という。

記事閲覧ランキング

  • 24時間
  • 週間