山形コミュニティ新聞WEB版

地域ニュース

山形まるごとマラソン 3500人が走った!

Share!

 山形市初のシティマラソン「山形まるごとマラソン」が6日、落合町の市総合スポーツセンターを発着点に開催され、全国から集まった約3500人のランナーが街中を駆け抜けた。

山形まるごとマラソン 3500人が走った!

 同マラソンはハーフ(21・0975キロ)、4・2195キロ、2・195キロの種目で行われた。このうちハーフは霞城公園や文翔館といった歴史スポット、中心商店街、芋煮会で賑わう馬見ケ崎川沿いなどを走るコースで、全国から約2800人が参加した。
 天候に恵まれたこともありコース沿いには多くの市民が繰り出し、力走するランナーたちに声援を送っていた。
 ハーフ18~39歳・男子の部で優勝したのは高橋賢人さん(26、長井市)で1時間9分53秒、女子の部は田中幸さん(25、山形市)で1時間16分17秒。

山形まるごとマラソン 3500人が走った!

  高橋賢人=マラソンは高校1年から。大東文化大時代に箱根駅伝に2回出場。
「馬見ケ崎川沿いの上り坂など思った以上にタフなコースでしたが、たくさんの人に応援してもらって楽しく走れました。ただ記録的には全然ダメ。自分的には課題の残るレースでした」

山形まるごとマラソン 3500人が走った!

  田中幸=マラソンは小学校5年から。2012アジアクロスカントリー選手権大会に日本代表で出場。
 「記録は過去最低でしたが、地元を駆け抜けることができて感激。大勢の知り合いの人が沿道まで応援に来てくれて、名前を連呼してもらって励みになりました。楽しかったです」

記事閲覧ランキング

  • 24時間
  • 週間