山形コミュニティ新聞WEB版

地域ニュース

山形版・大政奉還!?「カメリアコート」所有者移転/「徳川将軍家」から地元資本へ

Share!

 山形市旅篭町2のマンションビル「カメリアコート」の所有者が4月1日付けで移転する。現オーナーは徳川将軍家に連なる東京の不動産会社で、手放す理由について「資産入れ替えのため」としている。新オーナーは業績が好調なコンクリート圧送業のヤマコン(山形市)。山形市中心部のランドマーク的な存在を巡る山形版・大政奉還といえそうだ。

山形版・大政奉還!?「カメリアコート」所有者移転/「徳川将軍家」から地元資本へ

 旧称「吉岡レジデンス」として1978年(昭和53年)に竣工したカメリアコートは地下1階・地上10階で、総床面積は4600平方メートル。地元資本の創業会社が経営破たんした96年以降、競売で落札した不動産業のカメリアプランニング(東京、寺島宗久社長=写真)が約20年にわたり所有していた。
 寺島氏は欧米との不平等条約改正に奔走した明治政府の寺島宗則外務卿のひ孫に当たる。肥後熊本藩主だった細川家の血も受け継ぎ、第79代首相の細川護煕氏とは従兄弟、さらに徳川将軍家18代当主の徳川恒孝氏とは義兄弟の関係。

山形版・大政奉還!?「カメリアコート」所有者移転/「徳川将軍家」から地元資本へ

 寺島氏はやまコミの取材に対し「資産管理会社からの助言で所有するようになったが、管理費などの負担も重く、資産入れ替えを目的に手放すことにした」と気さくに答えてくれた。
 新オーナーになるヤマコンは震災復興工事などで業績を拡大中。佐藤隆彦社長は「今年が創業50周年に当たり、節目の年にふさわしい市中心部の不動産を取得することにした」と話している。
 両社とも売買価格は明らかにしていない。

記事閲覧ランキング

  • 24時間
  • 週間