山形コミュニティ新聞WEB版

地域ニュース

坤櫓の石垣が完成

Share!

 山形市が霞城公園内の山形城跡で復元作業を進めていた「坤櫓(ひつじさるやぐら)」が完成、21日に一般公開された=写真。

坤櫓の石垣が完成

 坤櫓は山形城二ノ丸土塁の4隅の櫓のうち南西角にある石垣。これまでの発掘調査や江戸時代の絵図の記載に基づき、当時の姿を意識しながら昨年秋から市が復元に取り組んでいた。
 完成した坤櫓は高さ2メートル前後。現存する城門の石垣の10メートル以上より低いほか、築造技術も城門石垣より古いことが分かっている。市では「元和8年(1622年)に山形に入部した鳥居氏の時代に築造されたと見て矛盾はない」としている。

記事閲覧ランキング

  • 24時間
  • 週間