山形コミュニティ新聞WEB版

地域ニュース

スタバ、白山出店を計画・コメダ、南館西に開業/山形市南部でコーヒー戦争

Share!

 コーヒーチェーン大手のスターバックスコーヒージャパン(東京都品川区)が山形市白山3で出店計画を進めていることが分かった。実現すれば県内6店目、山形市内では4店目になる。周辺では競合するコーヒーのナショナルチェーン複数が営業しているほか、コメダ(名古屋市)も県内1号店を建設中で、山形市南部で顧客争奪戦が激化しそうだ。

スタバ、白山出店を計画・コメダ、南館西に開業/山形市南部でコーヒー戦争

 計画地は市道山形停車場医学部線沿いの市街化区域で、敷地面積は2264平方メートル。市街化区域で1000平方メートル超を開発する場合に必要な市の開発許可も6月29日に取得済み。出店計画に関し同社では「現段階では答えられない」としているが、早ければ12月の開業を目指している模様。
 同社は2010年に県内初進出を果たし、現在の店舗は山形エスパル店、山形馬見ヶ崎店、山形県立中央病院店、イオンモール天童店、酒田みずほ店の5店。

スタバ、白山出店を計画・コメダ、南館西に開業/山形市南部でコーヒー戦争

 周辺では白山1でミスタードーナツ山形白山ショップ、東青田1でドトールコーヒーショップがエッソ東青田店、飯田西2で山形大学病院店を営業中。さらに8月12日には南館西1にコメダ珈琲店山形南館店がオープンする予定。
 特にセルフサービス型の他のコーヒーチェーンと異なり、従業員によるフルサービスや落ち着ける空間が特徴のコメダへの消費者の関心は高く、先発組と後発組が入り混じってコーヒーを巡るホットな争いが繰り広げられる見通し。

スタバ、白山出店を計画・コメダ、南館西に開業/山形市南部でコーヒー戦争

記事閲覧ランキング

  • 24時間
  • 週間