山形コミュニティ新聞WEB版

地域ニュース

クリーニングのキューピット(高畠町) セルクル(福島県須賀川市)の子会社に

Share!

 県内でクリーニング店を多店舗展開しているキューピット(高畠町)が、発行済み全株式を福島県須賀川市に本社を置く同業のセルクルに売却し、同社の完全子会社になったことが分かった。セルクルによれば、キューピットのすべての店舗と従業員は引き継ぐという。

クリーニングのキューピット(高畠町) セルクル(福島県須賀川市)の子会社に

 株式の売買は企業間のM&A(合併・買収)を手がける日本M&Aセンター(東京)が仲介した。セルクルの取得額は約2億円とみられる。
 キューピットの設立は1966年。ヨークベニマルなど食品スーパーの店舗内を中心に21店を展開しているが、創業社長の伊藤武昭氏が昨年4月に亡くなり、後継者難に直面していた。
セルクルは須賀川市、郡山市、会津若松市で43店を展開中。鈴木和幸社長は「キューピットの伊藤前社長とは生前から親交があり、山形進出というメリットも考え買収を決めた」としている。

記事閲覧ランキング

  • 24時間
  • 週間