山形コミュニティ新聞WEB版

地域ニュース

共成レンテム 山形市浜崎のベニマル跡に進出

Share!

 2017年に閉店した山形市浜崎のヨークベニマル大野目店の跡地に、建設機械リースの共成レンテム(北海道帯広市)が進出する計画を進めていることが分かった。

共成レンテム 山形市浜崎のベニマル跡に進出

 跡地は開発行為が制限される市街化調整区域で、今後、市から開発許可を得たうえで落合町にある山形営業所を移転する計画とみられる。跡地の面積は約9400平方メートル。不動産関係者によれば「市街地としては望外の広さ」で、これまでにカーチス(東京)など大手中古車販売店や大手パチンコ店など複数の商業施設が出店に名乗りを挙げていたが、調整区域の壁に阻まれ各社とも断念に追い込まれていた。

共成レンテム 山形市浜崎のベニマル跡に進出

 共成レンテムは01年に東証2部に上場を果たしたが、16年に建機レンタル最大手のアクティオ(東京)の完全子会社になった。現在の山形営業所の面積は4400平方メートル。

記事閲覧ランキング

  • 24時間
  • 週間