山形コミュニティ新聞WEB版

地域ニュース

無印良品、東根出店/25日 売り場 県内最大に

Share!

 生活雑貨店「無印良品」が25日、東根市小林のヨークベニマル東根店にオープンする。県内では山形市(2)、酒田市(1)に続く4店目だが、最大の売り場面積に他店にはない冷凍食品やチルドスイーツなどをそろえ、買い物客がくつろげる空間を設けるなど独自の特色を打ち出す予定。

無印良品、東根出店/25日 売り場 県内最大に

 「無印良品ヨークベニマル東根」は、ヨークベニマル東根店の衣料品売り場を全面改装して開業準備を進めている。売り場面積は1260平方メートルと県内最大、取り扱い品目も雑貨、衣料品、食品を中心に県内最多になるという。
 品ぞろえでは、コロナ禍で需要が高まる冷凍食品を冷凍設備4台で陳列、主菜からデザートまで約80種類をそろえる。人気のレトルトカレーも50種類以上を用意する。また子育て世代が多い東根市の土地柄を考慮し、子ども服のアイテム数も強化する。
 レジ横に設置する休憩スペースには100円で挽きたて、淹れたてが飲めるコーヒーマシーンを設置し、家族客や年配客がくつろげる空間を提供する。
 8月末現在、無印良品は良品計画(東京)が国内493店、海外579店で展開している。従来は都市部への出店が中心だったが、ここ数年は地方都市への出店にシフトしており、今期は過去最高の79店の出店を計画しているという。

記事閲覧ランキング

  • 24時間
  • 週間