山形コミュニティ新聞WEB版

地域ニュース

夢を諦めない!硬式野球のクラブチーム「B-net」山形市で発足

Share!

 昨年9月に無期限休部を発表した社会人野球のきらやか銀行硬式野球部の選手らが中心になり、新たにクラブチーム「B-net山形」が発足した。山形市で硬式野球を続けたい人たちの受け皿になることを目指しており、選手らは今春からの公式戦参加に向け練習に励んでいる。

夢を諦めない!硬式野球のクラブチーム「B-net」山形市で発足

 チーム名は野球を通じてつながるという意味の「べースボール・ネットワーク」から取った。発足したのは1月で、日本野球連盟にも登録済み。選手は10~40代の19人で、このうち13人がきらやか銀野球部出身者。休部時にコーチだった舟田友哉さん(39)が選手兼監督を務める。「野球を続けたいという連中が集まってくれた。夢を諦めず、全員で新たな挑戦を始めている」と舟田さん。
 クラブの運営は選手が出す部費と企業からの協賛金が頼り。練習の場所や時間が確保された企業チームと違い、全体練習ができるのは週1~2回ほど。それでも都市対抗、全日本クラブ選手権、社会人日本選手権の3大大会出場を目指すという。
 発足に奔走した野球部OBの齋藤亘さん(49)は「WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)などで野球が見直されるなか、地元の高校生や大学生の受け皿になるチームになれば」と期待を膨らませる。
 チームは選手やファンクラブ会員、スポンサーを募集中。連絡は石川剛マネジャー070-8688-2121まで。

記事閲覧ランキング

  • 24時間
  • 週間