中古車のカーサービス山形 中桜田に軽専門店

2020年6月26日
 中古車販売で東北最大のカーサービス山形(山形市、小川大輔社長)は、中桜田1の国道13号沿いに軽自動車を専門に取り扱う「軽フィールド山形南店」を新設する。開業は9月の予定。隣接する既存の「山形南店」では車検スペースにとられて販売スペースが手狭になっており、人気の軽自動車の需要掘り起こしに新店で対応していく狙いという。
中古車のカーサービス山形 中桜田に軽専門店

 場所は閉鎖したローソン山形中桜田1丁目店跡で、敷地面積は2764平方メートル。着工済みの店舗面積は188平方メートル。北隣の山形南店に比べ約2.5倍の規模になる。完成後は常時100~120台の軽自動車を展示する計画だ。
 山形南店では2018年にフランチャイズ(FC)加盟した「車検の速太郎」のスぺースが大部分を占め、中古車の展示スペースは10台以下。新店の開業後は販売は切り離して「車検の速太郎R13号山形南店」として営業していく予定。