女性の美と健康/エクオール

2020年1月24日
 女性なら誰でも時期がくれば訪れる更年期。何となく体調がすぐれないと来院される方に、サプリメント「エクオール」をお勧めすることがあります。

エストロゲンと類似

 エクオールとは、大豆イソフラボンが腸内細菌に分解され産出される成分で、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをします。
 体調がすぐれない、気分が落ち込むといった更年期障害はエストロゲンの減少によってもたらされるため、エクオールがその代わりを果たすというわけです。

女性の美と健康/エクオール

体内でつくれない人も

 「じゃあサプリメントに頼らず大豆製品を食べればいいんでしょ」という声が聞こえてきそうですが、問題は、大豆を摂ってもすべての人がエクオールをつくれるわけではないということです。
 イソフラボンからエクオールをつくる腸内細菌が備わっている人は日本人で約50%、欧米では30%弱といわれています。

検査で分かります

 「私はどっち?」と気になる方もいらっしゃるでしょう。ご安心ください。最近では必要な腸内細菌が備わっているかどうかを尿を使って簡単に測定できる検査方法(ソイテスト)も開発されています。

さまざまな効果が

 ご自身でつくれるにせよ、サプリメントに頼るにせよ、エクオールは更年期障害を和らげるほか、メタボ予防、シミやしわの改善、関節痛や骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の予防、はては乳がん抑制作用まであることが報告されています。
 女性だけでなく、男性にも前立腺肥大や前立腺がんの予防、男性型脱毛症(AGA)の予防効果もあるとされます。
 不定愁訴(様々な原因不明の訴え)の方はぜひ一度お試し下さい。


女性の美と健康/エクオール
プロフィール

セントラルクリニック院長
村山 一彦
(むらやま・かずひこ)山形市生まれ。埼玉医科大学を卒業後、同大、篠田総合病院を経て2004年に産婦人科を中心とするセントラルクリニックを開院。社会福祉法人・慈風会の理事長として特別養護老人ホーム「なごみの里」、認可保育所「はらっぱ保育園」も手がける。