《一酔千日 時を忘れる家庭的な酒場》 菜色酒家 あぐり

2013年6月28日
 山形市の馬見ケ崎川にかかる二口橋と国道13号を結ぶ「ときめき通り」といえば桜並木で知られますが、通り沿いにひっそりと佇む居酒屋「あぐり」を発見! 調べると地元はもとより県外からもファンが訪れるとか。
《一酔千日 時を忘れる家庭的な酒場》 菜色酒家 あぐり

 落ち着いた和風の店内はカウンターが8席、お座敷は24席ほど、家庭的な雰囲気を醸し出していてくつろげそう。メニューには契約農家から買い付けた新鮮野菜、山形牛を使った肉料理などの数々が並びますが、何と言っても目玉は魚料理。
 女将さんが庄内出身というだけあって、この時期は庄内浜でとれた岩ガキ、冬の時期は寒ダラなどが食通をうならせます。日本酒も秀鳳酒造(山形市)の銘酒を中心に豊富な品ぞろえ。
 宴会コースのお料理はは2000円から。一番人気の3000円コースは今なら焼き立ての「山形牛の炙り焼き」や新鮮でプリップリの「生牡蠣」などが味わえます。
 現在、開店8周年キャンペーン中で、通常は宴会コースにプラス1500円で飲み放題付きのところを、プラス1280円に(4名様以上で)。また「生ビール祭り」も同時開催中。通常1杯500円が350円。いずれも期間は7月31日まで。
 ランチも好評で、味や量も満点の「石焼きビビンバ」「日替わり和定食」等が600円から。

《一酔千日 時を忘れる家庭的な酒場》 菜色酒家 あぐり
 お店情報 
菜色酒家  あぐり
山形市花楯2丁目9-28
TEL 023-623-5583
(兼FAX)
●営業:11時30分 ~14時
     17~22時
●定休日:日曜日。
但しランチは平日のみ営業。