出羽桜 東大生が仕込み作業体験

2012年3月9日
 東大農学部の学生12人が3日、天童市の出羽桜酒造を訪れ、日本酒の仕込み作業を体験した=写真。同社の仲野益美社長が東大大学院で発酵醸造学の非常勤講師を務める縁で毎年実施しているもので、今年で9年目。
出羽桜 東大生が仕込み作業体験
 訪れた12人はいずれも3年生で、大学祭「5月祭」で日本酒のブースを出店する予定。杜氏らの指導を受けて酒蔵で酒母を仕込む作業に挑戦した。