ガンバレ!J1モンテディオ山形

2009年10月23日
 17日のヴィッセル神戸戦の勝利はいろいろな意味で大きな1勝でした。約2カ月ぶりの勝利だったこと、長く15位だった順位が神戸と入れ替わり13位に上がったこと、そしてなんと言ってもJ2降格のボーダーラインである柏レイソルとの差が7に広がったことです。
ガンバレ!J1モンテディオ山形

 その柏とは24日にアウェーで直接対決します。引き分けでも有利な状況に変わりはありませんが、目指すは勝利です。
 最近の報道では「J1残留」という言葉がよく使われます。一方でチームがシーズン当初に掲げたのは「J1定着」で、小林伸二監督も「今年をJ1定着の最初の年にしたい」と話していました。「残留」と「定着」は、どう違うのでしょうか。

ガンバレ!J1モンテディオ山形

 J1は全18チーム。下位3チームが来季J2へ自動降格することが決まっているので、15位以上なら「残留」は達成できます。これに対し「定着」はJ1に複数年いることが条件。J2で好成績を残しJ1に昇格する大半のクラブが力及ばず1〜2年でJ2に逆戻りしています。この壁をまず越えなければなりません。
 ただ毎年のように残留争いをして常にJ2降格の危機にさらされるのも真の意味での「定着」とは言えません。1年ごとに、また試合を重ねるごとにチームや選手個人が特長を伸ばしながら成長し続けてこそ「定着」が実現できるのです。

ガンバレ!J1モンテディオ山形

 そして大切なことは、チームだけではなく周囲の環境も良い方向に変化していくことです。モンテに関心を持つ人や支えていこうとする人がどれだけ増えるか、それによってチームの可能性の大きさが決まるのです。
 J1定着が実現した先にはチームから日本代表選手が出たり、リーグチャンピオンになるといった夢も出てきます。「J1定着」に向け応援の輪を広げていきましょう。


ガンバレ!J1モンテディオ山形
佐藤 円(さとう・まどか)
1968年、山形県鶴岡市生まれ。ウェブサイト「J's GOAL」やサッカー専門紙「EL GOLAZO」等でモンテディオ山形担当ライターとして活動中。