徹底して山形に密着したフリーペーパー

ジェイ・エス・ビー(京都)食事付き学生マンション/山形市 すでに全室満杯

2022年4月8日
 全国で学生マンションを展開するジェイ・エス・ビー(京都市)は4月1日から、山形市あこや町で食事付き学生マンション「学生会館ユニエスコート山形(写真)」の運営を始めた。同社が県内で始める初の物件で、提供する全88室はすでに埋まっているという。
ジェイ・エス・ビー(京都)食事付き学生マンション/山形市 すでに全室満杯

 建物は鉄筋コンクリート6階建てで、延床面積は2531平方メートル。部屋の間取りは21.8平方メートル(約7畳)の1Kタイプで、全室バス・トイレのほか、クローゼット、靴箱、電子レンジや冷蔵庫など家具家電付き。食堂では管理栄養士が監修したメニューを館内で調理して朝と夜に提供する。
 入居者同士が交流できるラウンジもあり、漫画や雑誌、文庫本など2万冊以上が自由に読めるタブレットも配備している。家賃は3万9500~4万9500円(食費2万6400円は別)。

ジェイ・エス・ビー(京都)食事付き学生マンション/山形市 すでに全室満杯

 場所は山形大小白川キャンパスから徒歩5分。同社によれば、孤食、偏食など若者の食生活の乱れを気遣う保護者の意向もあって食事付きマンションのニーズは高まっているという。
 1990年設立の同社は学生マンションを中心に全国で7万6000室を展開しており、学生マンションの分野では業界首位。年間売上高は527億円で、東京証券取引所のプライム市場に上場している。