徹底して山形に密着したフリーペーパー

ヤマザワ 中山店の建て替えを届け出/11月開業目指す

2022年4月8日
 食品スーパーで県内最大手のヤマザワは、本紙既報通り中山町の「中山店」の建て替えを計画し、県に大規模小売店舗立地法に基づく店舗新設を届け出た。オープンは11月を予定している。
ヤマザワ 中山店の建て替えを届け出/11月開業目指す

 国道112号沿いの長崎新町にある旧中山店は1988年(昭和63年)の開業で、築34年が経過して店舗の老朽化が目立ち、3月末から解体工事が始まっている。更地にした跡地に新中山店を建設する。
 届け出によれば、新店舗の延べ面積は4197平方メートル、店舗面積は2854平方メートル。駐車場スペースは167台分を確保する。
 解体前に旧中山店に入居していた眼鏡店、クリーニング店などの地元商業者は現在、敷地内で先に整備したテナント棟に移って営業を継続しているが、新中山店の完成後は再入居し、テナント棟はドラッグヤマザワの店舗になる。