徹底して山形に密着したフリーペーパー

コツを知ったら毎日楽しい 家事ラク講座《5》家の汚れと洗剤(2)

2022年4月8日
 前号で汚れの〝性質〟のお話をしましたが、お掃除の効率化には、汚れの〝段階〟を知ることも大切です。
コツを知ったら毎日楽しい 家事ラク講座《5》家の汚れと洗剤(2)

 汚れの段階をまとめたのが上の表です。段階1の「付着」はハンディモップで、段階2の「吸着」は水拭きでOK。段階3の「粘着」からが洗剤の出番です。
 そして段階4の「染着」になると洗剤はより強力なものが必要になり、時間も労力もかかります。段階5は言わば、やるだけムダ(笑)。

 付着で軽く払えたホコリも、空気中の水分を含んでこびりつくと吸着となって水拭きが必要に。ティッシュでぬぐい取れる吸着状態の食品汚れも、放っておくと固まって粘着状態になります。 要は、汚れが目に着いたら、ササっと早めに掃除するのが大切。掃除が苦手な方こそ日ごろのお掃除を習慣づけ、汚れのレベルを上げないようにすることで、掃除=めんどくさい、という苦手意識を克服しましょう。

 自宅の洗剤はどうですか?思いついた時に色んな種類の洗剤を買い揃え、結局はしまい込んだままになっていませんか?
 特殊な洗剤より、毎日ササッと手軽に使える洗剤を重宝しましょう。お勧めは、〝家中のいろんなところに使える〟をうたったマルチクリーナーや、自然由来の天然成分を使ったナチュラル洗剤などです。

コツを知ったら毎日楽しい 家事ラク講座《5》家の汚れと洗剤(2)

 重曹やクエン酸などに代表されるナチュラル洗剤は合成洗剤よりも汚れの落ち方がマイルドですが、環境やお肌、お財布にもやさしいのがメリット。また、水が原料のアルカリ電解水は除菌・消臭効果もあって二度拭きが不要です。
 キッチンのシンクの横には重曹スプレー、トイレの便座横にはクエン酸スプレー、リビングテーブルやデスクの近くにはアルカリ電解水のウェットシートを。
 汚れを目にしたら、ササっと使える状態で備えておくのがお勧めです。


●きらめくお部屋をご提案するキラリスト BIBI(ビビ)
☆日本家事代行協会認定アドバイザー
☆ハウスキーピング協会認定クリンネスト