徹底して山形に密着したフリーペーパー

コツを知ったら毎日楽しい 家事ラク講座《2》意識改革

2022年2月25日
 2月11日号でやまコミ読者のみなさんに「苦手な家事」についてアンケートしたところ、次の結果となりました。
コツを知ったら毎日楽しい 家事ラク講座《2》意識改革

 ちなみに苦手な家事の1位「掃除」の内訳は次の通りです。
 今回のアンケートで「苦手な家事はない」「家事は楽しい」と答えたのは19人と全体のわずか2%。これら〝家事上級者〟のみなさんは、家庭内で分担したり、自分なりにローテーションを決めていたりと、日常の中にサラリと家事を組み込んで、ストレスのない生活を楽しんでいるようです。
 家事は、生活していく上で避けては通れないもの。そこで家事の苦手意識を捨てるための意識改革のポイントをまとめてみました。

(1)家事に完璧を求めない
 実は、家事が苦手だと思っている人ほどキレイ好きで、完璧を求めすぎて苦手意識を高めている人が少なくないとか。少し力を抜いて向き合うくらいが長続きの秘訣です。

(2)家事は毎日コツコツと
 家事が苦手な人は、何かと理由をつけて後回しにしてしまいがち。すると汚れやゴミを溜め込むことになり、さらに家事を負担に感じ、家事の手間もどんどん増えていってしまいます。

(3)家事には時間の制限を
 家事は「終わり」がない作業で、慣れない人は無限に時間を使ってヘトヘトに。まずは毎日朝5分、夜5分からでも。できることから、できる範囲で始めましょう。

コツを知ったら毎日楽しい 家事ラク講座《2》意識改革

(4)家事のメリットを考えて
 家でじっとしているよりも、積極的に家事をこなせば、お金のかからないエクササイズに。また家事に慣れてこなせるようになれば自分に自信がが持て、いろんなことにチャレンジする気が湧いてきそうです。
 そしてキレイで清潔になった空間からは、家族みんなの笑顔と生き生きとした毎日が生み出されるはず。

 「部屋は自分の心を表す鏡」という言葉も。次回からは、皆さんが苦手なお掃除の具体的なお話を進めていきましょう。


●きらめくお部屋をご提案するキラリスト BIBI(ビビ)
☆日本家事代行協会認定アドバイザー
 ☆ハウスキーピング協会認定クリンネスト