徹底して山形に密着したフリーペーパー

ラーメン支出額 山形市、連続1位途絶える/2021年 新潟市に苦杯

2022年2月25日
 1世帯当たりの中華そば(ラーメン)の年間支出金額で、8年連続で首位を続けてきた山形市が新潟市に抜かれ、2位に転落したことが総務省が8日に発表した家計調査で分かった。
ラーメン支出額 山形市、連続1位途絶える/2021年 新潟市に苦杯

 家計調査は47都道府県庁所在地と5政令指定都市の52市を対象に、品目ごとに1世帯当たりの支出金額を算出している。
 それによれば、2021年の山形市の中華そば支出金額は1万3434円と前年を777円上回ったが、新潟市が1万3734円と前年を2356円上回る驚異的な伸びを見せ、山形市の9年連続日本一を阻んだ。
 今回の結果に対し、鬼がらしチェーン(山形市)を展開する太田恒夫代表は「コロナ禍で外食自粛ムードが広がる中、新潟市に狙い撃ちされた印象。今後、浜松市と宇都宮市の〝ギョーザ戦争〟のような熾烈な争いが勃発する可能性がある」と話している。
 ちなみに2021年のギョーザ日本1は、浜松市でも宇都宮市でもなく、ダークホースの宮崎市だった。
ラーメン支出額 山形市、連続1位途絶える/2021年 新潟市に苦杯