徹底して山形に密着したフリーペーパー

2022年の干支 寅(虎)のエトセトラ

2021年12月24日
コロナも沈静化に向かっているようで、2022年こそは良い年にしたいもの。
そこで来年の干支、寅(虎)にまつわるエトセトラ!
 寅のうんちく 
2022年の干支 寅(虎)のエトセトラ

 虎といえば昔から「強いもの」「恐ろしいもの」の代名詞。中国では“百獣の王”といえば虎を指すのだとか。その一方で龍と同格の霊獣とされ、魔除けや山の神としても崇められてきました。

 ちなみに世界最大の動物チャンネルプランド「アニマルプラネット」が5000人に好きな動物をアンケートしたところ、1位に輝いたのが虎だったそうです。

 強いものの代名詞として虎は別称に使われるケースも多く、武田信玄の「甲斐の虎」、上杉謙信の「越後の虎」といった具合。第二次大戦中は山下奉文陸軍大将が「マレーの虎」、山形県出身で後に首相になる小磯國昭朝鮮総督が「朝鮮のトラ」と呼ばれていました。

 虎は敵から身を守る時、あるいは敵を襲う時に竹やぶに身を潜めるとされ、水墨画や屏風絵などで「虎と笹」はセットで描かれることが多いですよね。「酒」のことを「ササ」と呼ぶこともあり、このことから酒と笹を掛けて酔っぱらうことを“虎になる”、泥酔している人を“大虎”といいます。

2022年の干支 寅(虎)のエトセトラ