徹底して山形に密着したフリーペーパー

ヤマザワ中山店 ドラッグ店棟が着工

2021年9月24日
 食品スーパーのヤマザワ(山形市)は中山店の全面建て替えに向け、敷地内でドラッグ店棟の建設に着手した。ドラッグ店棟の完成後に現在の中山店を解体、跡地に新中山店を建設する計画で、オープンは来年12月を目指している模様。
ヤマザワ中山店 ドラッグ店棟が着工

 ドラッグ店棟は鉄骨平屋で床面積は780平方メートル、完成は来年1月20日の予定で、完成後に中山店で営業しているテナント5社が入居する。新中山店の完成後にテナントが再入居、テナントが抜けたドラッグ店棟はドラッグヤマザワが活用する。
 中山店の開業は1988年。築30年超が経過して店舗の老朽化が目立っているという。