徹底して山形に密着したフリーペーパー

整理収納アドバイザーが伝授/お部屋をキレイに保つには(3)

2021年4月23日
 探し物に1日10分費やしているとすると、年間で60時間、丸々2日半を使っていることに!
 身近な例では、バタバタの朝、カバンにスマホやカギを放り込んで出かけることはありませんか?スマホが鳴ってもすぐに取り出せず、カバンの中をひっかきまわしてグチャグチャに。帰宅時には鍵が見つからずにゴソゴソ…。
整理収納アドバイザーが伝授/お部屋をキレイに保つには(3)

 家もカバンと同様です。とりあえず押し入れに突っ込んだり、その辺に置きっぱなしでは、いざという時に貴重な時間を無駄遣いすることに。

 そこでまず、モノの収納場所を決めること。場所の選定には「誰が」「いつ」「どこで」「どんな
時に使うのか」を考えるのがポイントです。
 例えば「習い事で使うもの」「レジャーで使うもの」「冠婚葬祭で必要なもの」といった具合にグループ分けし、カゴや棚にまとめると「次に使う時にとても便利な収納」が叶います。

 そしてレジ袋や紙袋を収納道具に使うのはご禁物。中身が見えず、結局は探し物をすることになりがち。さらには袋に入れたことをすっかり忘れ、同じものを買ってどんどん余計なモノを家の中に増やしていく結果にも。


整理収納アドバイザーが伝授/お部屋をキレイに保つには(3)
整理収納アドバイザー
あさくら ゆうこ
(上山市在住。tonaIl代表)