徹底して山形に密着したフリーペーパー

医学のうんちく/射精障害

2021年2月26日
 厚生労働省の調べによれば、男性不妊の原因で最も多いのが精子形成障害ですが、勃起障害や射精障害などの性機能障害も増加傾向にあります。今回は射精障害について取り上げます。

勃起するも射精は…

 射精障害にはいわゆる「早漏」「遅漏」のほか、射精感はあるが精子が出ない「逆行性射精」、射精反応が全くない「無射精反射」、自慰行為では射精できるものの女性の性器内で射精できない「膣内射精障害」などがあります。
 東邦大学リプロダクションセンターは、膣内射精障害36.8%、早漏・遅漏21.1%、逆行性射精21.1%、無射精反射19.3%と報告しています。

医学のうんちく/射精障害

膣内射精障害とは

 このうち膣内射精障害は、陰茎が女性器に挿入されてから射精までの時間が本人の意思に反して遅れる遅漏の重度なものとも考えられます。
 獨協医科大学埼玉医療センターによれば、男性不妊外来を受診した射精障害患者さんの53%が重度遅漏を含めた膣内射精障害で、脊髄障害などの神経性20%、逆行性射精14%、早漏9%、射精不能4%でした。
 遅漏や膣内射精障害の約70%が不適切な自慰行為で、残りの約30%が不妊治療によるプレッシャーや一人でないと集中して射精できないなどの心因性でした。

不適切な自慰はNG

 不適切な自慰行為とは、不適切な刺激方法によるものです。①手を用いず床や壁に陰茎を押し付けたり、シーツにこすり付けたりする②強く陰茎を握る③脚に力を入れてピンと伸ばす脚ピン④陰嚢を刺激する――などがあります。
 またアダルト動画を使用した自慰行為を繰り返していると、次第に現実と仮想現実が錯綜し、実物の女性との性行為で快感を得にくくなることもあります。
 不適切な自慰行為が射精障害となり得ることをお忘れなく。


医学のうんちく/射精障害
医学のうんちく/Y染色体のお話(中)
山形徳洲会病院院長
笹川 五十次
(ささがわ・いそじ)1982年 富山医科薬科大学(現富山大学)医学部卒業、86年同大学大学院修了後、ハワイ州立大学医学部を経て、04年に山形徳洲会病院副院長、08年から現職。日本泌尿器科学会認定泌尿器科専門医、日本透析医学会認定透析専門医、日本腎臓学会認定腎臓専門医。