徹底して山形に密着したフリーペーパー

がんばれモンテディオ山形

 モンテは6日の鹿島戦で連敗を喫してしまいました。本来ならJ1残留に向け連勝が欲しかったところですから、状況は厳しさを増しています。
2011年8月12日
 前号でシーズンの半分である17試合を終えた時点での勝ち点が今後の目安になることをお伝えしました。
2011年7月22日
 モンテは2日にアウェーで新潟に0―2で敗れてしまいました。新潟までで14試合を戦い、通算成績は2勝2分け10敗で勝ち点8、順位は17位のままです。
2011年7月8日
 5月3日の今季初勝利のあとなかなか勝てなかったモンテが6月18日の神戸戦でようやく今季2勝目を挙げました。実に7試合ぶりの勝利です。
2011年6月24日
 リーグ戦はちょっぴりお休みになり、この間、6月5日にアウェーで行われたヤマザキナビスコカップ1回戦でモンテは浦和レッズに0—2で敗れてしまいました。
2011年6月10日
 東日本大震災後初となるライバル対決「みちのくダービー」が22日、天童市のNDソフトスタジアム山形で行われ、モンテは0—1でべガルタ仙台に敗れてしまいました。これでモンテは今季3連敗です。
2011年5月27日
 モンテは5月7日のアウェイ、ジュビロ磐田戦で0—4と大敗を喫してしまいました。
2011年5月13日
 3月5日、6日の開幕戦を終えたあと震災により中断していたJリーグが4月23日から再開されます。モンテは24日、ホームにセレッソ大阪を迎えます。
2011年4月22日
 3月29日の東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティーマッチ「日本代表×リーグ選抜」はご覧になりましたか?
 急な代替開催でしたが、選手全員がこのチャリティーマッチの意味を十分に理解し、気持ちのこもった全力プレーをみせてくれました。気持ちを奮い立たせて踏み出した一歩が多くの人々の心を揺り動かしました。
2011年4月8日
 3月11日、アウェイ新潟戦にバスで向かっていたモンテの選手たちは飯豊町の道の駅で休憩中、あの地震に遭遇しました。試合中止を確認して引き返す途中、バスのテレビで津波の映像を見ていたそうです。
2011年3月25日
 3月5日の開幕戦、モンテは川崎フロンターレに0—2で敗れました。立ち上がりはモンテの守備に迫力があり、川崎を押し込んでいたのですが、川崎は状況を変えるための手を少しずつ打ってきました。
2011年3月11日
 早いもので開幕戦が10日ほどに迫ってきました。チームは現在、第3次宮崎キャンプ中で、開幕前の1週間は静岡に練習場を移して最後の調整を行います。
2011年2月25日
 モンテは7日に12日間のグアムキャンプを終了しました。グアムでは1000メートルを8本走る「センハチ」と呼ばれるランニングやサーキット系のトレーニングなど、疲れて体に乳酸がたまった状態からさらに負荷を持続させる持久系のメニューが中心でした。
2011年2月11日
 モンテの2011シーズンが始動しました。開幕戦は3月6日(土)、相手は川崎フロンターレ。約40日後に迫った開幕戦に照準を合わせ1月27日からグアム、雲仙(長崎)、宮崎と3次にわたるキャンプを行います。1シーズンを通して動ける体力をつけ、個人の技術やチームの戦術を磨いていくのです。
2011年1月28日
 2011年シーズンの陣容がほぼ固まりました。すでにご存じかと思いますが、期限付きで1年間モンテでプレーした田代有三選手と増田誓志選手が鹿島アントラーズに復帰することになりました。昨シーズンのメンバーからこの2人を含む7人がチームを離れることが決まっています。
2011年1月14日
 前半に西河翔吾選手のゴールで先制し、後半にPKで追いつかれ結果は1—1のドロー。PKのファウルはちょっと「?」な判定にも見えましたが、失点はこの1点に抑えましたし、シュート数は6対13と鹿島が多かったのですが、同点に追いつかれた後もまだ点を取りにいく余力はモンテのほうが上回っていました。
2010年12月10日
 浦和に1—0と勝利して10月をいい形で締めくくったモンテでしたが、6日に行われた大宮戦では1—2と痛い星を落としてしまいました。2つの結果は今のモンテが抱えている課題を明確に映し出しました。
2010年11月12日
 16日の川崎フロンターレ戦は0—2と悔しい敗北を喫してしまいました。得点を挙げたジュニーニョ選手や中村憲剛選手など個人の能力の高さを見せつけられた試合でした。残りは8試合。まずは残留を確定させたいところです。
2010年10月19日
 10月に入って最初の試合、ガンバ大阪戦は見事な勝利でした。日本代表・遠藤保仁選手などに厳しくプレスをかけてパスコースを限定、ボールを奪ったあとは全員で運んで攻撃を仕掛けました。後半に入り先制されましたが、すぐに同点、そして逆転勝利!
2010年10月8日
 みちのくダービー第2戦が19日に行われ、モンテはベガルタ仙台に0—2で敗れました。7月の第1戦ではモンテが3—1と勝利していますので今回はリベンジされたことになります。
2010年9月24日
 サッカーの日本一を決める天皇杯でモンテは秋田代表のブラウブリッツ秋田に3—0で勝利しました。昨年はアマの明大に0—3で敗れる屈辱を喫しましたが、まずは初戦を乗り切りました。
2010年9月10日
 22日の神戸戦は引き分けで4連勝はなりませんでしたが、これでリーグ戦再開後の8試合は2度の3連戦を含め4勝2分け2敗となり、勝ち点も28まで伸ばしました。
2010年8月27日
 「たまたまです」。7日の磐田戦後、ヒーローインタビューでの石井秀典選手の言葉です。
2010年8月13日
 W杯で中断していたJリーグが再開、モンテディオ山形とベガルタ仙台との隣県対決「みちのくダービー」が17日に行われました。結果は3—1の快勝。秋葉勝選手がきれいなロングシュートで先制、田代有三選手の2ゴールが試合を決定づけました。3得点すべてに絡んだ増田誓志選手の活躍も見事でした。
2010年7月23日
 6月11日に開幕したサッカーのワールドカップ(W杯)も7月10日の3位決定戦と11日の決勝戦を残すのみです。
2010年7月9日
 ワールドカップの熱戦が繰り広げられています。グループリーグで勝ち上がった16チームが6月26日からいよいよ決勝トーナメントで激突します。
2010年6月25日
 いよいよ今月11日、アフリカを舞台にした史上初のワールドカップが開幕します!
2010年6月11日
 いや、困りました。モンテの新しいフォーメーションの呼び方です。
 5月22日のヤマザキナビスコカップでは、神戸を相手に後半のコーナーキックから秋葉選手がヘディングを決めて1—0で勝利しましたが、この試合でモンテはこれまでの4—4—2とは違うフォーメーションに変えました。その並びをどう伝えたらいいものか。
2010年5月28日
 5月15日の新潟戦でリーグ戦はいったんお休みですが、ワールドカップ開幕直前まで「ヤマザキナビスコカップ」が行われます。ホームでは22日に神戸戦、6月5日に湘南戦が行われますので、お忘れなく。
2010年5月14日
 今年はモンテがJ1に昇格して初めて迎えるワールドカップイヤー。今月8日に行われた日本代表とセルビア代表の試合を最後に、代表入りが有力視される選手たちは所属チームに戻り、Jリーグで最後のアピールを続けています。
2010年4月23日