徹底して山形に密着したフリーペーパー

《おしえて!編集長》 「井上ひさし劇場」って何?

2007年12月28日
《おしえて!編集長》 「井上ひさし劇場」って何?
「井上ひさし劇場」って、そもそもどういう経緯で出てきたんですか?

「CoCo21」跡地で浮上


 「話せば長いんだな、これが。七日町の大沼デパートの北側の土地が更地になったままっていう話は第29号で紹介したよね。あそこには地下1階・地上8階の商業ビル『CoCo21』があって、そのビルが昨年、老朽化を理由に解体されて今に至ってるわけだ」
 「もともとの地権者は不動産業のCoCo21虎屋、靴販売の千足屋、パチンコホールの丸尚の3社。で、ビルを解体して立て替える方針が決まった直後の2004年1月、井上氏が提唱する『七日町劇場』を新ビル内に開設し、中心街を活性化しようという構想が持ち上がったんだ」
《おしえて!編集長》 「井上ひさし劇場」って何?

フム、フム。

周囲の反応は冷淡?

 「この構想に賛同したのがシベールの熊谷社長で、一部私財を投げ売ってでも実現させたいって意気込んでた。でも地権者3社間で温度差もあったんだな。虎屋は積極的だったんだけど、残る2社は消極的。あと周囲の七日町商店街の人たちも、どっちかっていえば冷淡な反応だった」

それでどうなったんですか?

思わぬ誤算も!

 「で、解体後は同じ敷地内に虎屋と2社が別々のビルを建設し、虎屋では新ビルに井上劇場を誘致しようと計画したんだけど、思わぬ誤算が生じちゃった」

何なんですか? もったいぶらずに教えて下さい。

ダイエー、駅前店から撤退


 「もともとCoCo21の地下1階ではヤマザワが営業していて、虎屋の新ビルもヤマザワの入居を前提にしてた。ところが駅前の山交ビルからダイエーが撤退し、ヤマザワの山澤進社長(現会長)は山形商工会議所の会頭だから駅前からも出店をお願いされちゃったんだな」

ヤマザワが出店断念

 「商圏がカブるから駅前と七日町の両方に出店するのは無理。悩んだ末にヤマザワは駅前に出店、これで虎屋の新ビル構想は暗礁に乗り上げる」

虎屋は土地を売却

 「構想の実現を断念した虎屋は昨年、所有する土地を住友不動産に売却、住友不は地上24階建ての構想マンションを計画しているのはこれまでにも紹介したよね」

熊谷社長の執念?

 「この時点で『井上ひさし劇場』構想はなくなったと思ってたけど、どっこい熊谷社長は執念を燃やし続けていたんだね」