徹底して山形に密着したフリーペーパー

<荒井幸博のシネマつれづれ> #ハンド全力

2020年8月14日
爽やかさに風刺をきかせ

 2016年に起きた震災から3年後の熊本が舞台。高校生の清田マサオ(加藤清史郎)は夢中になれるものもなく、幼馴染の岡本(醍醐虎汰朗)とスマホをいじるだけの無気力な日々を送っていた。

<荒井幸博のシネマつれづれ> #ハンド全力

 ある日、マサオが震災で離ればなれになってしまった親友タイチ(甲斐翔真)と3年前に仮設住宅前で一緒にハンドボールをしていた写真をSNSにアップする。その投稿に思わぬ熱いコメントが続々と集まりだし、それに気をよくし「#ハンド全力」とハッシュタグを付けたところ、全国からさらに“善意”が寄せられ、大きな反響を呼ぶ。
 これに舞い上がるマサオと岡本。2人はSNSを盛り上げるためだけに、廃部寸前の男子ハンドボール部部長・島田(佐藤緋美)と再建に向け動き出すのだが、彼らが熱を入れるのは現実の世界ではなく、SNSでの「ハンドボール」「熊本頑張れ!」だった。
 それを強豪の女子部員たちは冷ややかに眺め、やがて上っ面だけの「ハンドボール熱」のメッキははがれていく――。

 「2019年女子ハンドボール世界選手権大会」の公式タイアップ映画として、オール熊本ロケで製作された。
 主演の加藤清史郎くんは7歳の時、山形ゆかりの武将・直江兼続が主人公のNHK大河ドラマ「天地人」に出演、兼続の幼少期を演じて名子役と注目されたのはご存知のとおり。その年には自動車会社のCMにも起用され、「こども店長」として人気を博した。
 マサオの下級生役を演じている、やはり子役として大人気だった鈴木福くんともども、凛々しい若者に成長しているのが感慨深い。仲野太賀、志田未来、そして安達祐実と、往時の子役スターも顔をそろえる。

 昨今、SNSはともすればPV(ページビュー)や「いいね!」の数を稼ぐことが目的とされがち。そんな虚構の世界とは別に、何が本当に価値のあるものなのかを問いかける作品。さわやかな青春映画だが、世相への切り込みも鋭い。


<荒井幸博のシネマつれづれ> #ハンド全力
荒井幸博(あらい・ゆきひろ)

1957年、山形市生まれ。シネマパーソナリティーとして多くのメディアで活躍、映画ファンのすそ野拡大に奮闘中。現在FM山形で「荒井幸博のシネマアライヴ」(木曜12時)を担当。