徹底して山形に密着したフリーペーパー

医学のうんちく/新型コロナウイルスと生殖機能

2020年6月12日
 今回は新型コロナウイルスに感染した場合、男性の生殖機能に影響があるのかについて考えていきましょう。

SARSなどは悪影響

 本題に入る前に、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)やB型・C型肝炎ウイルスは性行為感染症、つまり性行為によって感染することが知られています。またエボラ出血熱やジカ熱の原因となるウイルスは感染者の精液からも検出され、精巣炎を引き起こすことが報告されています。
 一方、中国・北京大の研究チームが2006年に重症急性呼吸器症候群(SARS)で亡くなった中国人男性6人を解剖して検査したところ、全員の精子形成能力が著しく低下していることが分かりました。

医学のうんちく/新型コロナウイルスと生殖機能

精液からは検出されず

 ここからが本題ですが、中国の華中科技大と米ユタ大の研究チームは今年4月、新型コロナウイルスに感染した成人中国人男性34人の精液からは同ウイルスは検出されなかったことを報告しています。
 同時に、精巣細胞では同ウイルスの細胞内侵入に必須である2つの酵素が低下していることも報告しており、同ウイルスは精巣の炎症や性行為による感染が起きにくいことを示唆しています。
 補足すれば、母体から胎児に同ウイルスが感染する可能性は現段階では明らかではありません。

アビガンは要注意

 新型コロナウイルス感染症の治療薬として有望視されている「アビガン」は、胎児に奇形が生じる危険性が指摘されており、妊婦への投与は禁止されています。男性にも精液中への移行が認められているため、治療中の性行為は控えなければいけません。さらに、動物実験で精巣組織の障害や精子の異常も認められています。
 新型コロナウイルス感染による男性生殖機能への影響は軽微とみられていますが、治療薬は悪い影響を及ぼすようです。


医学のうんちく/新型コロナウイルスと生殖機能
医学のうんちく/Y染色体のお話(中)
山形徳洲会病院長
笹川 五十次
(ささがわ・いそじ)1982年 富山医科薬科大学(現富山大学)医学部卒業、86年同大学大学院修了後、ハワイ州立大学医学部を経て、04年に山形徳洲会病院副院長、08年から現職。日本泌尿器科学会認定泌尿器科専門医、日本透析医学会認定透析専門医、日本腎臓学会認定腎臓専門医。