徹底して山形に密着したフリーペーパー

医学のうんちく/PCR検査とは

2020年5月8日
 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、その診断方法である「PCR検査」が注目されています。PCR検査とはどんなものなのでしょうか。

目的DNAを増幅

 PCRはポリメラーゼ(P)チェーン(C)リアクション(R)の頭文字をとったもので、同検査では目的の病原体のDNAを増幅させることで顕微鏡では見れない病原体の有無が分かります。
 DNAは本来2本鎖で存在しますが、高温では1本鎖に分かれます。それを急速冷却するとDNAは目的とする領域の短いDNA断片と結合し、それをさらに加温すると酵素の働きでDNAは増えます。これを繰り返すことで大量のDNAを得ることができます。PCR法を用いた検査をPCR検査といいます。

医学のうんちく/PCR検査とは

発明者はノーベル賞

 増やしたDNAを検出装置にかけ、目的のDNAが確認できれば「陽性」、確認できなければ「陰性」と判定されます。
 このPCR法を発明した米国人キャリー・マリスは、この業績により1993年にノーベル化学賞を受賞しました。

考古学にも応用

 PCR法はそのシンプルさゆえ、様々な研究分野で重宝され、進行性筋ジストロフィーなど遺伝病の研究や診断、がん遺伝子などの研究、細菌やウイルスなどの感染症の診断、法医学におけるDNA鑑定などに応用されています。
 考古学や古生物学にも応用され、ネアンデルタール人やマンモスの凍結組織からのDNA配列の復元なども行われています。

個人診断キットは×

 感染症診断でPCRは極めて有用ですが、採取部位により検出率に差が生じることも。
 特に新型コロナウイルスのような呼吸器感染症では痰や咽頭のかなり深い部位で採取する必要があり、通販サイトで出回っている個人診断キットの使用はお勧めできません。


医学のうんちく/PCR検査とは
医学のうんちく/Y染色体のお話(中)
山形徳洲会病院長
笹川 五十次
(ささがわ・いそじ)1982年 富山医科薬科大学(現富山大学)医学部卒業、86年同大学大学院修了後、ハワイ州立大学医学部を経て、04年に山形徳洲会病院副院長、08年から現職。日本泌尿器科学会認定泌尿器科専門医、日本透析医学会認定透析専門医、日本腎臓学会認定腎臓専門医。