徹底して山形に密着したフリーペーパー

あなたの目 健康ですか?/(144)コンタクトケア

2020年4月10日
 新型コロナウイルスの感染から身を守るため、うがいとともに手洗いの励行が求められています。手洗いはコンタクトケアの意味でも極めて大切です。

手にはウイルスが付着

 最近はワンデータイプのコンタクトを使う人が多く、使い捨てなのでコンタクトケアは不要と思っている人もいるかもしれませんが、ワンデーで大切なことはコンタクトを出し入れする前の手洗いなのです。
 手にはウイルスや細菌が付着していますので、手洗いをしないでコンタクトを取り扱ってしまうとウイルスや細菌を目の表面の粘膜に持ち込んでしまうリスクが高まります。

あなたの目 健康ですか?/(144)コンタクトケア

目から感染のリスク

 新型コロナウイルスは口や鼻といった上気道の粘膜から感染することが多いと指摘されていますが、目の粘膜組織である「結膜」からも感染する可能性があります。
 今は花粉症の季節。痒さのため思わず目をこすってしまうこともあるでしょうが、感染を防ぐには目を触らない、こすらない、手洗いをするの3点を心がけましょう。

コンタクトファースト

 女性の場合、お化粧の順番も大切です。化粧品の脂質がコンタクトについた汚れはなかなかとれません。「コンタクトレンズファースト」という言葉がありますが、朝は化粧前にコンタクトを入れ、夜は化粧を落とす前にコンタクトを外しましょう。
 ツーウィークなど消毒のケアが必要なレンズはケア用品の使い方にしたがい毎日ケアしましょう。レンズケースを清潔に保ち、レンズケースを定期的に交換することも忘れないでください。
 コンタクトケアで一番大切なことは手洗い。出し入れする前には必ず手洗いを忘れずに。


あなたの目 健康ですか?/(144)コンタクトケア
7/12
院長
高橋 義徳
たかはし よしのり)1990年(平成2年)山形大学医学部卒業後、同大学眼科講師、ウプサラ大学留学を経て2007年10月に金井たかはし眼科を開院。日本眼科学会専門医。山形県眼科医会理事。