徹底して山形に密着したフリーペーパー

移動店舗「せいきょう便」/コロナで外出敬遠?それなら買い物も宅配感覚で

2020年3月27日
 新型コロナウイルスの感染拡大で食料品の買い出しも億劫になっているあなた、生活協同組合共立社(鶴岡市)が運行している移動店舗「せいきょう便」をご存じですか?――。
移動店舗「せいきょう便」/コロナで外出敬遠?それなら買い物も宅配感覚で

 せいきょう便は2トントラックの荷台に冷蔵庫や冷凍庫を備え、肉や魚、青果のほか、総菜や日配品など約500品目を満載している。利用者は2カ所の階段から出入りして商品を選び、運転手を兼ねた販売員がレジで現金精算する。
 もともとは車など移動手段を持たない高齢者らを救済しようと2010年から上山市・南陽市の中山間地でスタートしたが、他地域からの要望に応える形で順次対象を拡大し、現在では1号車から5号車までのせいきょう便が月曜から金曜までの週1回、県内5コースを定期巡回している。
 各コースの停車ポイントは10前後で、詳細は共立社のHP参照。調べてみれば、あなたの家のすぐ近くにもせいきょう便が止まっているかも。遠出を避けて、宅配感覚で利用してみれば。問い合わせは0120-916-244。