徹底して山形に密着したフリーペーパー

医学のうんちく/不飽和脂肪酸と性機能

2020年2月28日
 イワシやサバ、アジやサンマなどの青魚に含まれるエイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)など「ω(オメガ)3」と呼ばれる不飽和脂肪酸が健康に良いことはよく知られるようになりましたが、近年、オメガ3は男性の性機能にも有効に作用することが分かってきました。

精子数や形態に好影響

 ハーバード大の研究チームは2014年、週2回以上魚介類を食べる男性はそれ以下の男性に比べ、精子数や正常形態精子が多いことを報告しています。さらに18年には性行為の頻度は22%、妊娠率も61%それぞれ上回ったことを報告しています。

医学のうんちく/不飽和脂肪酸と性機能

男性ホルモンも増加

 今年に入りデンマークの研究チームが19歳前後の男性1679人を対象に行った調査によれば、過去3カ月間にオメガ3のサプリメントを摂取したのは98人(5.8%)で、摂取しなかった男性に比べ精液量が多く、精巣重量も上回っていました。
 また、卵胞刺激ホルモン(FSH)値は摂取しなかった男性に比べ低く、黄体ホルモン(LH)値も下回っていました。
 精子形成に障害があるとFSHが増加し、男性ホルモン産生に障害があるとLHが増加します。つまり両ホルモン値が低いということは、精子形成と男性ホルモン産生に適した状態であることを示唆しています。

摂取しすぎは禁物

 オメガ3のサプリメントを摂取すると精巣機能が向上することが分かってきましたが、過剰に摂取すると血液が固まりにくくなり、出血するとすぐに止まらなくなることも報告されています。
 このため 米国食品医薬品局(FDA)はオメガ3のサプリメント摂取はEPAとDHAを合わせて1日2グラムを超えないように警告しています。どんな健康食材、健康食品も摂りすぎは禁物です。


医学のうんちく/不飽和脂肪酸と性機能
医学のうんちく/Y染色体のお話(中)
山形徳洲会病院長
笹川 五十次
(ささがわ・いそじ)1982年 富山医科薬科大学(現富山大学)医学部卒業、86年同大学大学院修了後、ハワイ州立大学医学部を経て、04年に山形徳洲会病院副院長、08年から現職。日本泌尿器科学会認定泌尿器科専門医、日本透析医学会認定透析専門医、日本腎臓学会認定腎臓専門医。