徹底して山形に密着したフリーペーパー

クスリのアオキ(石川県)県内初出店へ/9月開業 天童・富士乳業跡

2020年1月24日
 昨年6月末に操業を停止した富士乳業(天童市)の本社工場跡に、北陸を地盤とするドラッグストア「クスリのアオキ」が県内初出店することが分かった。現在は既存の建物を解体中で、敷地を更地にしたうえで3月に着工、9月のオープンを目指している。
クスリのアオキ(石川県)県内初出店へ/9月開業 天童・富士乳業跡

 クスリのアオキは東証1部に上場するクスリのアオキホールディングス(石川県白山市)がチェーン展開するドラッグストアで、ここ数年の「高速出店」により店舗数は北陸、信越、東海、北関東を中心に現時点で591店を数える。
 昨年5月には福島県で東北初出店を果たし、山形に先立ち5月には岩手と宮城の両県にも初出店する予定。前期の連結売上高は2508億円で、ドラッグストア業界での序列は10位に位置づけされている。

クスリのアオキ(石川県)県内初出店へ/9月開業 天童・富士乳業跡

 店舗には300坪の標準型と、精肉など生鮮食品の扱いを強化した400坪の次世代型があり、天童店(仮称)は次世代型を計画している。
 乳製品の製造・販売を手がけていた富士乳業は業績の低迷などから昨年6月28日で製造業務から撤退、今後は山形市に本社を移して販売業務に特化する予定。

クスリのアオキ(石川県)県内初出店へ/9月開業 天童・富士乳業跡