徹底して山形に密着したフリーペーパー

「いきなり!ステーキ」急失速 東根店、米沢店閉鎖へ/来年1月 4月に山形江俣店も

2019年12月27日
 ステーキ店「いきなり!ステーキ」を全国展開しているペッパーフードサービス(東京)が山形東根店と米沢万世町店を来年1月13日で閉鎖することが分かった。2013年に東京・銀座で誕生した「いきなり!」は急成長を続けてきたが、今年に入り失速傾向が鮮明に。同社では不採算店を順次閉鎖していく方針で、4月までに山形江俣店も閉鎖するという。
「いきなり!ステーキ」急失速 東根店、米沢店閉鎖へ/来年1月 4月に山形江俣店も

 「いきなり!」の県内店舗は2017年にオープンしたイオンモール天童店が1号店で、18年から19年にかけ山形、鶴岡、米沢、東根、酒田の6市に相次ぎ出店した。山形東根店、米沢万世町店は開業から1年前後で閉店することになる。
 「いきなり!」はグラム単位でステーキ肉を提供するスタイルで急成長し、19年までの6年間で全国店舗数は約500店まで拡大、一時は1000店舗の目標も掲げていた。
 ただ自社競合やライバル店の出現などにより既存店売上高は次第に減少、10月は前年を4割下回った模様。ペッパー社は11月14日、20億円の黒字を予想していた19年12月期の連結営業損益が一転して7億円の赤字になりそうだと発表、あわせて全店舗の約1割に相当する44店を閉鎖する方針を明らかにしている。
 同社によれば、44店のうち1月13日に山形東根店、米沢万世町店を含む26店を閉鎖、山形江俣店を含む18店も4月までに順次閉鎖していく予定という。