徹底して山形に密着したフリーペーパー

あった回廊キャンペーン 置賜・上山置賜・上山の冬の魅力をPR

2019年12月27日
 置賜地域の3市5町と上山市が連携し、周辺の冬の魅力を発信する観光誘客企画「やまがた冬のあった回廊キャンペーン」が12月1日から始まっている。期間は来年3月31日まで。
あった回廊キャンペーン 置賜・上山置賜・上山の冬の魅力をPR

 このキャンペーンは4市5町のグルメや地酒、温泉、祭り、雪体験などをアピールすることで冬季の誘客につなげるのが狙いで、今年で3回目。主催は実行委員会、事務局は県置賜総合支庁。
 今年は4月に東北中央自動車道の南陽高畠IC・山形上山IC間が開通したことや、昨年4月にオープンした「道の駅米沢」の入り込み客数が好調を維持していることなどから、実行委員会では昨年の200万人を上回る245万人の観光客数を目標としている。
 期間中は上杉雪灯篭まつり、民俗行事加勢鳥、しらたか雪紅り、まほろば冬咲きぼたんまつり、中津川雪まつりなどの各地の祭りや、天元台高原や蔵王高原坊平で実施するスノーシュー体験、小野川温泉のかまくらなどがお勧めとか。
 詳細は公式ホームページ、または0238-26-6046まで。